流星ワゴン

死んじゃってもいいかなぁ,もう・・・

そんなこと思ったことはありますか?


あたしがおらんくなったら,誰か悲しんでくれるかな・・・

いつだったか,こんな弱音を吐いた事を思い出す。
その弱音を掬い上げてくれた人がくれた言葉も。

「お前がおらんくなったって聞いたら,俺は絶対捜しに行く。
野球部全員使ってでも捜させる。
お前がもし死んだりなんかしたら,あの世から連れ戻してでも説教するからな。
だから一人で勝手に死んだりすんなよ。」

私に現れた流星ワゴンは、一人のでっかい人間でした。


流星ワゴンとは重松清の同名小説です。
冒頭の一言をつぶやく主人公の前に現れたワインレッドのオデッセイ。
乗り込んで向かった先は遠い昔に通り過ぎたはずの、やり直したかった過去でした。
けれども、過ちを知っているはずなのに、なぜか同じ事を繰り返してしまう。
時空を越えた旅の中で手に入れたものはなんだろう。
悔いていた過去は取り戻せるだろうか。
過去と現実の間で、主人公の葛藤は続きます。

どうしようもなく凹んだときには、ふと目の前に流星ワゴンが停まってくれたら―
ワインレッドのオデッセイなんかじゃなくていい。
私を連れ出してくれるだけでいい。
そして誰かがどうしようもなく凹んだときには、私があなたの流星ワゴンになる。
そんな意味を込めて「流星WAGON」を立ち上げました。

 ――君のWAGONで連れ出してくれないか?

最近の凹んだときに聴いていたのがYUKIのアルバム「JOY]でした。
その中の一曲に「WAGON」はあります。どこかなげやりに歌うんです。君のワゴンで連れ出してくれないか、と。
凹んだ私のそのくぼみにすっぽりと収まった一つの衝動。
次の瞬間、旅に出ることに決めました。
流星ワゴンを待たずとも、無限スパイクがあるじゃないか。

流星ワゴンとWAGONはこうして流星WAGONになりました。


重松清作「流星ワゴン」、親になる前に読みたい一冊。
f0097244_21115969.jpg
[PR]
# by miyuki_oda | 2006-03-21 21:13

思い立ったが吉日生活

自分はかなりアクティブな方だと思ってます.
いや,普段の行動はトロイけれども.
でも,突拍子もなく思いついちゃうんです.

滝がみたい.
温泉に行きたい.
旅に出たい.
遠くへ行きたい.


皆さん,思い当たることあったでしょ?

あたし,思い立ったらすぐ行動に移したいんです.
だって,そうしないと萎えちゃうから.
せっかくそんな気分になった瞬間を,逃すわけにはいかないんです.

ということで本日加賀まで行って参りました.
とはいってもこれは先週から計画はしてたんだけど.
目的は加賀福と温泉!
御菓子城加賀でお抹茶と加賀福を堪能,山代温泉ゆのくに天祥で温泉満喫.
サイコーでした.
日頃お世話になってるみなさんへ,加賀福の御裾分け.
ご賞味下さい.

けれども近頃思うのです.
こんなあたしの衝動についてきてくれる人が,だんだんいなくなるんだなと.
いつも地元で遊ぶメンバーは4人いるけれど,休みが合わなくなったり,遠くの学校に行ったり.
元高専組もカヌー君の東京にはじまり,すでに移転済みの埼玉,岐阜,愛知,三重などバラバラ.
誘い言葉を伝えた瞬間,第一声を難色で示した人やそうなりそうな人は極力誘わないことにしているので,いつも二つ返事で付いてきてくれるありがたい友人たちが遠くに行ってしまうことは,ホントに寂しいね.


今日福岡の学校受かって泣いてたサヤカ,ホントにおめでとう!一年後にはゼッタイ帰っておいでよ.今度は泊まりで温泉行こう!
[PR]
# by miyuki_oda | 2006-03-20 22:48

祝・インターネット接続

ついに接続完了!
勢いに乗ってブログ立ち上げました.満を辞してブログ参戦です.

とりあえず最低3ヶ月間は解約できんそうなんで,がんばります.
よろしくお付き合いください.
何分初心者なものですので,不備等多々あるとは思いますが,
その都度ご指摘下さい.


堅苦しい挨拶はこれくらいでいいですか?

More
[PR]
# by miyuki_oda | 2006-03-20 22:22