<   2010年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

出産報告

毎度ご無沙汰しております。

さて、去る11月6日午前7:47に2894gの男児を出産致しました。


予定日は5日だったのだけど、4日朝におしるしと陣痛がやってきたのでそのまま入院。
しかし陣痛の間隔が縮まることなく一日終わる…
次の日、陣痛の間隔は半分になるけどまた一日が終わる…
寝れないわ、ご飯は食べれないわ、食べたら吐くわ、とにかく痛いわ、そんな日々。

そして遂に3日目の朝方、陣痛の間隔ってナニ?状態に。痛みのピークは声すら堪えられない。個室で良かった。
このとき子宮口は6cm開いてたらしい。
陣痛の合間をぬって分娩室へ。

分娩台ではまず陣痛の周期をグラフ化してくれる機械を装着して30分くらい放置されます(泣)
すんごいいきみたくなるけど、いきんじゃいけないってゆーのが一番辛かった…
肛門を押さえてたくらいです。
何か出そうで。
旦那ちゃんは隣で一緒にひっひっふーしてくれてた。これは思いの外重要だわ。

そのうち子宮口全開、分娩に入りますと。
旦那ちゃんは一度退室させられ、剃毛やら導尿やら前処理をして、何度かいきんで赤ちゃんの頭が見えるくらいに。
ここまで助産婦さんと看護師さんだけが分娩室にいたんだけど、旦那ちゃんが入室。立ち会いです。
で、さあラストスパートだ!って時に院長先生と副院長先生登場。
いきむ時は声出さないで息止める!のは苦しい…けどやむなし。
陣痛の痛みに比べれば屁でもないわね。
会陰切開とゆー、いわゆるちょっきんというやつの麻酔すらちくん程度。
最後出るよ!って瞬間だけ若干痛い?くらいだった。
そしてにゅるんと出て来た赤子ちゃん。
首にはヘソの緒。ヘソの緒ってさ、灰色なんだな…
枕元にやってきた赤子ちゃんは、鶴瓶でした。
やっと終わったー!って安堵で一杯。
自分のお腹から出て来た赤子ちゃん。
物凄いことです。
人の親になったんだなぁと。
子供を産むって確かに大仕事だ。

その後、今度はにゅるんと胎盤が出て来たよ。これはグロい。レバーだ、レバー。
そして旦那ちゃんは退室し、いの一番に赤子ちゃんを抱っこしたらしい。
あたいといえば会陰切開を縫い縫い。麻酔かけられてるから痛くないけど縫われてる感覚はあるから不思議。
まな板の鯉ならぬ、分娩台の産婦。

出産の痛みは産んだら終わると思いきや、世の中そんなに甘くねえ。
子宮が収縮する後陣痛や、会陰切開と産道の縫合口の痛みが地味に効く。
母親になるのは大変だ。

でも産んだ瞬間母乳が出るんだから人間て神秘的。
だた赤子ちゃん吸うと乳首が痛い(泣)
まだまだである。

退院後は実家にて上げ膳据え膳の生活です。
授乳しかしてない感じ(笑)
睡眠時間は細切れ。
母親業ははじまったばかり。

なんか長々と出産レポになってしもーたなぁ。

今後とも、旦那ちゃん息子ちゃん共々、よろしくお願い致します‼
f0097244_1943092.jpg

[PR]