<   2007年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ガリチョコの旅

最近ここらへんのコンビニから
一気に姿を消してしまった、
ガリガリ君チョコチョコリッチの美味しさを知らない
可哀相な人がいました。

探せばきっとあるはずだ。
と思って旅に出る事にしました。

ガリガリ君チョコチョコリッチを探す旅に。

黒部、入善、朝日・・・
8号線沿いにあるコンビニ片っ端からチェック。
可能性として一番高いのは富山にないセブンイレブン。
だから新潟方面を目指したの。

そしてとうとう見つけてしまった。
糸魚川のセブンイレブンに!!!
しかも普通に売り場にたくさんあるし。
この違いは何なのだ・・・・と思いつつも
ヨロコビー☆

久しぶりのガリガリ君チョコチョコリッチもんまかた^^

みなさん、ガリガリ君チョコチョコリッチが食べたくなったら
糸魚川まで行けばイイヨ!
なぁに、黒部から下道で1時間もかからないからv
[PR]

尚美チャン

タモリのジャポニカロゴスに

オセロの松嶋尚美さんが

出ていたんだけど

金髪のショートヘアが何かめっちゃ可愛かった。

めっちゃカワイイと思ったんだって。

ショートもありかな、と

最近髪を乾かすことが億劫かつ抜け毛がうざくなっている今日この頃

思うのでありました。
[PR]

ジャニス・ジョプリン

f0097244_22452466.jpg先日ツーリング行った時、でっかいサングラスかけてたら

「ジャニス・ジョプリンぽいね」

と言われた。

・・・ジャニス・ジョプリン???

ジャニス・イアンなら椎名林檎の曲に出てくるけれども
ジャニス・ジョプリンとジャニス・イアンは違うよね。


ジャニス・ジョプリンぽいね、と言った方が
CDを見せてくれた。
その人は多分見せるだけのつもりやたと思うけれども
ちゃっかり借りてみた。

ジャケット見てちょっと納得。
あぁ、こんな感じ(笑)
パーマかけてた頃だったらもっと似てたかも。
カッコイイじゃん。

洋楽は滅多に聴かないしジャニス・ジョプリンすら知らなかったけれど
帰りの車でかけてみたらびっくらこいた。
何て力強い個性的な声なんだろうと。
ソウルフルってこーゆーことかな。
歌詞全然わかんないけど、何かビンビン迫ってくるものがある。圧倒的。

調べてみると彼女の一生は中々劇的。
27歳の若さでこの世を去ってた。
偉大なミュージシャンは短命?
だからこそ語り継がれるのかな。
語り継がれるだけだからこそ、ずっと偉大でいれるのかもしれない。
[PR]

トライアルデモンストレーション

日曜日、ホンダカーズタナカのイベントに行って来た。
30周年記念祭と銘打ってなかなか大々的に開催されておりますた。

F1カーも展示してたったけれど
あたいのお目当てはプロライダーによるバイクのトライアルデモンストレーション。
着くなり店の前にセクションカーが停まってイタヨ。
ドッキドキ、ワックワク☆

センター一番前に陣取って観戦(?)だ!


バイクのエンジン音が聞こえてきます。いよいよスタート!!!
セクションカーの後ろからライダー登場!
f0097244_21104933.jpg


小林直樹さんという、プロライダーの方です。
(公式HP→http://offbike.com/index.html
マイクをつけて、MCしながらバイクを操ってます、軽々と!
喋りがまたおもしろい!
実は吉本興業のスポーツ部門に所属しとるらしい。
70kgあるという250ccのバイクなんだけれども
BMXの自転車みたいにトリッキーな動きをするの。
すっごいな~

セクションカー登っちゃうし、降りちゃうし
ウィリーをほぼ垂直にまでもっていく「ジャイアントウィリー」
前輪ブレーキで後輪あげちゃう「ジャックナイフ」
そしてそのままターンしちゃう「ジャックナイフターン」
さらにバイクのまんま飛んじゃう「エアターン」
自校で習った技術の限りでは不可能なよな・・・・
ホントに目の前でバイクがブンブンやってるから
迫力が凄かった!!!

全て動画で撮って編集したので
ミクシに載せようと思いましたら
再生時間が5分以内とかケチなこと仰るの・・・
再編集するのは些かめんどくちゃい。
見たい方(ってゆーかすごく観て欲しいけど)いたら
ご一報クダサイ。
とりあえず一部だけミクシに載せときます。
[PR]

中番×バイク×ピアス

夕方出勤するときはもうホント暑くて
残暑は厳しすぎる。

その分夜のあの匂いが好き。
暑かった空気が冷えた、あの匂いが好き。

夜中バイクで走ると
正直ちょっと寒いけど
ちょっとだけうるさいかもしんないけど
とにもかくにも気持ちいーんだって。

最近気が付いたら耳につけてたピアスがなくなっていた。
お気に入りだっただけにすんごい凹む。
たぶんバイク乗ってる最中に落としたんだと思うから
探しようもない。

晴れ、時々戦争。
車、時々バイク。
ピアス、時々紛失。
[PR]

大都会

「アヒルと鴨のコインロッカー」を読んだことは先にも載せたとーり。
何気なく新聞を見てたら
同名の映画が公開されていた。

超観たい。

中番なのをいいことに、昨日朝からファーストショーで行ってみた。
人生初、一人で映画。
しかも大都会オンリーの公開。
人生初、大都会。

ツーリングも兼ねて、バイクでGO!
陽射しがキツくて暑いかと思ったけれど
朝の空気はまだ涼しげで、風を切ったら冷たくて気持ちよかったデス。

呑気に行ったら上映開始から10分過ぎてた(汗)

物語の舞台は宮城県仙台市。
なのでこの映画はオール宮城県ロケだったらしい。
いい感じの地方都市具合が、なかなか素敵だた。
小説を読んだ時点で思ったけど
宮城県てとこがまた、ちょっとニクイよね。

作品の感じとしては・・・
あたい好み
これでわかる人はわかってくれると思うよ(ナゲヤリ)
も一回観たいかも。
とりあえず小説は読み返してる。

平日のファーストショー、若干マイナーな作品。
お客さんいるかなーと思ったけどあたい含めて3~4人くらいいた。
店員さんめっちゃ親切だし(上映後に入場したら暗いからって席まで案内してくれた)
これはちょとハマリそう。
泣き放題だし(笑)
[PR]

お手手つないで

3連休の間に夜は3回あります。
そのうち2晩、地元の居酒屋さんにおりました。

朝日山の麓にある創作料理「いろどりや」
ここのメニューにはずれはなくて
最近のうちらの注文ランキン一位は
アメリカンポテトのツナソースがけ!
フライしたアメリカンポテトにツナとマヨとタマネギのみじん切りを合えたソースがかかってて
ほくほくの芋に酸味の利いたソースが絶妙にマッチング。
あたいタマネギで拒否反応起こすけど
これならイケル。

個人的にヒットだったのが「いかでっぽう」
まぁ、普通のいか焼きなんだけど、ここらへん氷見らしいよね。
新鮮なイカ(何イカかは知らん)だけあって柔らかいし
薬味のねぎとしょうがを添えて頂くと
これまたびっくりするくらい美味しいんだ!
ビールが進むんだって。

ちなみにココには「大ジョッキ」たるものがある。
中ジョッキの2倍ほどあろうかという量。
それをがぶがぶ飲むシンゴは凄い。さすがアスリート。

ここで一つ、シンゴを紹介したいと思う。
シンゴは小学校からの同級生である。
シンゴは東京の大学に行っていて、今年卒業して帰ってきた。
シンゴはチャリンコが大好きでよく乗っている。
シンゴは氷見で有名人だ。
シンゴはデカイ。
シンゴは睨むと怖い。
シンゴはアフォだ。

そんなシンゴがあたいは好きだ。

と言ってもあたしとシンゴの間には全く会ってなかったブランクがある。
それはシンゴに限ったことじゃなくて
かつて同じ教室で学んだ、出会った人たち全てに言えること。
「再会」をお互い望んで
「再会」から「再開」されれば
人生はこんなに楽しい。

酔っ払い3人、ユウコとあたいとシンゴは
お手手つないで夜道を歩いた。
いい大人が手をつないで歩いてるなんて
アフォ以外なんでもないんだけど
そんなアフォさが、幸せだ。

悩みが消えるわけでもないし、いいことばかりあるわけでもない。
仕事に追われる毎日に忙しくしていたら
週末には大好きな仲間と集まって
大いにアフォなことやっていようよ。
[PR]

アヒルと鴨のコインロッカー

読書の秋、ってことで
久しぶりの本の話をしてみようと思う。

「アヒルと鴨のコインロッカー」作・伊坂幸太郎

物語のあらすじは、
引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。
(YAHOOブックスより引用)


でもこの紹介文ははっきり言って気に食わない。
まるで「ハッハッハ~、やっちゃったヨー」なんていう軽いノリみたいで何ともかんとも。
実際この出来事は、大事に大事に描かれている。
物語の芯となっているからね。

だけど紹介文を書くことは、とっても難しいとも思った。
言いたい事は山ほどあるけれど、どれをとっても後半にとても重要な役割をしているから
読んでない人に話すのはもっての外。
それくらい息をつかせない。

サスペンスっぽいけれど、サスペンス、というよりかはヒューマニズム。
恋愛ではないけれど推理小説ではない。
でも謎が解けたとき、目頭が熱くなる。
そして結末にハッとする。

アヒルと鴨の違いって知ってる?
似て非なるもの。
読書好きなあなたは、絶対読み応えある!
伊坂幸太郎に感服。
[PR]

やくそく

あたしが空気読めてないだけかもしんないけど
軽い口約束を本気にしてしまう。

密かに楽しみに待ってたりする。

でも相手も軽いノリで口にしたことだから
軽いノリで「なかった」ことにもしやすいんだと思う。

やくそくが、ドタキャンになりました。


ちゃっかりと凹んでいる自分がいる。
憤りを感じてないかと言われれば、ないとは言えない。
でもそれより虚脱感の方が大きい。


自己防衛とするならば、口約束を本気にするなということだ。
でも口約束以外、何がある?
相手の事情もあったかもしれない。
推し量れないほど、子供じゃない。
でも笑って受け入れられるほど、大人でもないみたい。


陰になります。
誰か助けて下さい。
[PR]

ケータイ放置

素で2日連続ケータイ忘れて出勤してた。

特に不自由さはないあたり、支障はないのでしょう。


この前寝てたら友達からテレビ電話がかかってきた。
拒否のしかたもわかんないし、とりあえず出てみたけれど
寝起きの顔はまったくヤバイ。
電話の向こうで大笑いしてんのは、かろうじて認識できた。
いきなりのテレビ電話は反則だと思う!
せめて事前にメールで聞いて欲しいものだ。


全然話はかわるけど
ジモティの皆様、今週末帰るので飲みましょう。
暇な人連絡ちょうだい。
あと金沢行きたいんだけど。
あと映画も観たいし。
とにかくあたい暇だからよろしく!!!!

何もしない日曜日はもうイヤだーーー
[PR]