軽・トラッカー

あたいが密かに車博士と呼ぶ方がいる。
齢26歳にして乗り継いで来た車種は両手じゃ足りない。
伝説は数知れず。
タイヤ販売店の店員さん以外で
ポンと言われた車種の純正タイヤサイズを空で言える人が
この世には何人いるだろう。

いい意味で「変態」なのである。


そんなこの方が最強の車と評するのがホンダ・アクティ。

軽トラですよね。
何が最強かっていいますとね・・・なんだっけ?


・・・あ、博士がホンダ党だからだ!




それも大きいと思うケレドモ。
ホイールベースが同車種では一番長いからどうだとか、
ホンダのエンジンがどうだとか、
細かい説明は博士に聞いて下さい。




という最強の車アクティで先週末は過ごしたんですが
普段ビグポンかスパイクに乗っているうちらとしましては
「近っ☆」
ってなりますよね。
下手すれば普通に座ってて肩が㌧ってなるし。
ベンチシートじゃないのに。
手を伸ばさなくても手が届きます。
なんか、いいね。



「たまにいる強気の軽トラに今日はなってみる」

と言った相方さんはホントに強気で8号線の右車線を進んでいきました。
さすが最強の車、軽トラな事を忘れそうです。

「アクセル煽らんでもクラッチミートできるようになったよ、ホラ」

あの、これジムニじゃないんですが(汗)


やっぱり博士の最強の車説は一理あるのだろうか・・・
[PR]
by miyuki_oda | 2009-06-15 21:43 | ひとりごと